ギャラクシーノート7発火でサムスン打撃 韓国経済に多大な影響

気になる話題と情報

ギャラクシーノート7発火でサムスン打撃 韓国経済に多大な影響
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

評判が高かったGalaxy Note7

 筆者は2016年8月末から9月初めにかけて、ドイツ・ベルリンで開催された家電の総合見本市「IFA 2016」を取材していたのだが、ドイツに向かう前から、8月に発表されたサムスン電子の新しいスマートフォン「Galaxy Note7」に注目していた。

 Galaxy Note7はかつて日本でも発売されていた「Galaxy Note」シリーズの最新モデルだ。日本でも発売されている「Galaxy S7 edge」同様、両側面がカーブした有機ELディスプレーを採用。5.7インチディスプレー搭載ながら、片手で持ちやすいコンパクトなサイズ感を実現。防水・防塵にも対応している。


「Galaxy Note7」は、Galaxy S7 edge同様、両側面がカーブした5.7インチディスプレー搭載ながら、持ちやすいサイズ感を実現。特徴の1つであるペン操作も強化している。写真は8月31日にベルリンで実施されたサムスンの新製品発表会より
 生体認証は、指紋認証だけでなく、富士通の「arrows NX」シリーズに搭載されている赤外線を用いた虹彩認証を採用。Galaxy Noteシリーズの特徴でもある専用のペン「Sペン」は4096段階の感圧検知に対応している。さらに、再生中の動画を切り取ることができるなどの機能も加えられている。

 Galaxy Note7の日本での発売は未定だが、米国や韓国ではすでに発売されており、評判も高かった。ドイツでの発売も決まっていたことから、IFAの会場では、Galaxy Note7の実機に触れることができるのではないかと期待していた。

 そして実際、IFAの会場で筆者はGalaxy Note 7に、触れることはできたものの、その直後に、多数のバッテリーの発火事故が起きていたことが判明したのである。

出典 http://trendy.nikkeibp.co.jp

ギャラクシーノート7 リコール品も含めてアメリカ携帯大手は拒絶!

バッテリーの発火事故が相次ぎ250万台がリコールに

 発火事故に関しては、国内でもすでに各種報道で取り上げられているので、ご存じの方も多いかもしれないが、改めて説明しておこう。

 サムスンはGalaxy Note7を米国と韓国で8月19日に発売したのを皮切りに、ほかの国でも販売を開始した。しかし、すぐにユーザーから、充電中に発火したり、爆発したりしたという報告が相次いだ。サムスン側の発表によれば、9月1日までに35の事例が報告されたとのことだ。
サムスンはGalaxy Note7を米国と韓国で8月19日に発売したのを皮切りに、ほかの国でも販売を開始した。しかし、すぐにユーザーから、充電中に発火したり、爆発したりしたという報告が相次いだ。サムスン側の発表によれば、9月1日までに35の事例が報告されたとのことだ。

 そうした問題を受け、サムスンは9月2日、バッテリーに問題があったことを認めるとともに、発売を一時停止。購入者には、新品と交換するなどリコールに応じることを発表し、韓国では謝罪会見が開かれた。た。さらに9月15日には、米国の消費者製品安全委員会もリコールを発表。その時点では、米国で92件の異常発熱が報告されていた。そのため、サムスンの米国法人も、社長による謝罪動画を掲載。事態の大きさに、異例の対応がとられることとなった。

 その結果、回収対象となったGalaxy Note7は、全世界で約250万台、米国だけで約100万台にのぼった。これは、スマートフォンのリコールとしても非常に大規模なものだ。

 発火事故は、社会に大きな影響を与えた。米国の連邦航空局は9月9日、Galaxy Note7を機内に持ち込む際、電源を入れたり、充電したり、機内への預け入れをしないように強く推奨する声明文を発表した。

 この声明を受け、世界各国の航空会社が機内でのGalaxy Note7の使用を禁止・制限する措置を発表した。日本でも国土交通省が、Galaxy Note7の機内持ち込みに対し、米国と同様の対応を求めるよう国内航空各社に要請。日本航空や全日空も機内への預け入れや利用に関して、制限する方針を打ち出した。

出典 http://trendy.nikkeibp.co.jp

ギャラクシーノート7発火 電源オフ、充電禁止機内アナウンス開始

サムスン、営業利益29.7%減 ITモバイル部門の営業利益は96%減
フジテレビ系(FNN) 10/27(木) 22:17配信
「ギャラクシーノート7」の生産・販売中止が、大きく響いた。
韓国サムスン電子は、2016年7月から9月期の連結決算を発表し、スマートフォン事業を行うITモバイル部門の営業利益が、前年同期比96%減の、およそ92億円に落ち込んだと明らかにした。
火が出る欠陥が判明した新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」の生産・販売中止が、大きく影響した。
サムスン全体の連結業績は、前年同期比で、営業利益が29.7%減の、およそ4,800億円だった。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

ギャラクシーノート7発火でリコール交換後も発火相次ぐお粗末さ

「ギャラクシーノート7」発火で大揺れのサムスン 日本法人トップも辞任していた
夕刊フジ 10/28(金) 16:56配信

 韓国サムスン電子の日本法人で、堤浩幸最高経営責任者(54)が7月末に、就任から7カ月で退任していたことが分かった。サムスン本社は27日の臨時株主総会で創業家の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長(48)が登記理事(取締役)に就任するが、新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」の生産・販売中止の影響は深刻だ。

 堤氏の退任についてサムスン側は「一身上の都合」と説明。非常勤の顧問に就いた。後任の日本法人トップは韓国出身の金賢周(キム・ヒョンジュ)氏(52)が就任したが、暫定的な措置という。堤氏はNECや米シスコシステムズを経て昨年4月にサムスン電子ジャパンに入り、同年12月に初の日本人トップに就任していた。

 日本では以前からサムスンのシェアが低く、課題地域とされていた。堤氏退任後には「ギャラクシーノート7」が海外で発火問題が続出、イメージが悪化しており、販売戦略の見直しを迫られている。

 サムスン本社では、病に倒れている李健煕(イ・ゴンヒ)会長の長男で、創業家3代目の李在鎔副会長が取締役となって名実ともに同社の経営を牽引することになる。「ノート7」発火問題で大幅悪化が予想される業績の立て直しを図ることが最優先課題だが、韓国最大の企業であるサムスンの経営を創業家が握り続けることに反対する声も強まっている。

 また、「ノート7」の生産・販売停止の影響をめぐっては、台湾の証券会社のアナリストが、500万~700万台が米アップルの「iPhone(アイフォーン)7」に流れると分析している。スマホ市場の頭打ちもあって業績が伸び悩んでいるアップルだが、今年10~12月期には増収に転じると見込んでいるのはこのためだ。

 サムスンが失いつつあるブランドイメージの回復は容易ではなく、「3代目」は難しい経営の舵取りを余儀なくされそうだ。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

ギャラクシーノート7発火で原因は日本企業のバッテリーが原因と責任転嫁

ギャラクシーノート7発火でサムスン電子株価暴落経営危機

問題はサムスン電子だけにとどまらず、韓国全体に及びそうだ。
 サムスン電子は、大学生の“最も就職したい企業”でダントツの人気を誇る。男子学生においては、20.3%がサムスン電子への就職を希望しており、12年連続1位となっている。
 韓国では、「サムスン電子に入社できれば、周囲からは羨望を一身に集め、結婚相手にも困らなくなる」といわれている。サムスン電子のほかに若者が就職を希望しているのは、現代(ヒュンダイ)自動車やLG電子、SKテレコムといった財閥企業だ。
 しかし現在、韓国の20代の青年失業率は10%を超える割合で推移しており、就職は困難を極めている。そんななかで、狭き門をくぐり抜けて就職した財閥企業が経営不振に陥るケースが続いている。つい最近では、韓国の海運最大手、韓進海運が経営破綻して世界中で入港を拒否されるという事態になっている。ほかにも、東洋グループ、STXグループ、熊津グループといった財閥系企業が立て続けに倒産している。
 国内総生産の約70%を財閥企業が占める韓国にあって、その財閥企業すらも信頼できないほど経済が悪化しているのだ。
 そのため、最新の調査では、大学生の8割以上が海外企業への就職を望んでいるという。実際に海外へ出られる人は多くはないと考えられるが、今や韓国は若者に見捨てられつつあるといっても過言ではない。優秀な人材が海外に流出してしまえば、韓国の未来はさらに暗いものになるだろう。

出典 http://biz-journal.jp

アップに対抗し販売を急いだ結果自分の首を絞めてしまったサムスン電子

サムスンと韓国、危機的状況突入…爆発スマホで底なし損失拡大地獄か、米国の容赦なき制裁


 発売したばかりのスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note(ギャラクシーノート)7」が、発火・爆発の危険があるとして世界各国で販売中止やリコールする事態に陥っている韓国サムスン電子。
 リコールを発表した後も爆発事故の報告が相次いでおり、そのたびにケガ人も出ている。サムスン電子のスマホは、ほとんどの部品をサムスングループ内でまかなうことで品質を担保してきたが、グループ企業のサムスンSDIの製造したバッテリーが問題を起こしたことから、逆にサムスン製品全体への不信感が広がり始めている。
 ただでさえ、ギャラクシーの販売が減少傾向にあるなかでの事故は、サムスン電子に大きな影を落とす。
 ギャラクシーの昨年の世界シェアは24.5%で前年の31%から大きく下回った。ライバルの米アップルのiPhoneのみならず、東南アジア製スマホが大きく販売台数を伸ばしていることが要因だ。特に中国製スマホの伸びが著しい。ファーウェイを筆頭にOPPO、vivo(BBK)、シャオミ、TCL、ZTEとシェアトップ10のうちに5社もランクインしており、それに続くクールパッド、ジオニー、レノボ、メイズを含めると世界全体の3分の1を中国製が占めている状況だ。
 今回の事故の補償やリコールによる損害を韓国の市場関係者は数兆ウォン(数千億円)とみているようだが、それ以上に大きな問題は、株価が急激に下がっていることだ。しかもサムスン電子のみならず、グループ企業にまで波及している。この傾向がいつまで続くか不透明だが、それでもサムスングループが傾くほどのダメージには至らないとの見方が強い。
 サムスン関係者や韓国政府関係者は、ほとぼりが冷めれば売り上げは回復できるとみているが、甘いのではないか。
 なぜなら、アメリカは大きな事故を起こした企業に対して非常に厳しい制裁を下すからだ。事実、トヨタ自動車や本田技研工業(ホンダ)の自動車が大規模リコールを行った際にも巨額の制裁金が課されている。
 さらにアメリカでは、死傷事故が起きた際には被害者がメーカー相手に損害賠償を求めるのが一般的だが、その際に懲罰的意味を込めて巨額の賠償を命じることが多い。特に体力のある大企業に対しては金額が大きくなる傾向にある。
 そのため、世界各国でケガ人を生じる事故を起こしているギャラクシーノート7は、目の前の損害額だけでは判断できない。制裁金、賠償金を考えると、さらに数千億円規模の損失もあり得る。また、米国政府が制裁金を課した後には、一部で不買運動が起きたり、メディアによるバッシングが続き、大幅に売り上げが落ちることもある。そう考えると、サムスン電子の損害は未知数だ。

出典 http://biz-journal.jp

世界に広がるギャラクシーノート7発火映像で笑いものサムスン電子

ギャラクシーノート7発火原因も解明されぬうちにギャラクシーノート8を発売する厚顔無恥企業

1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ