冷え性やダイエットに効果がある生姜の食べ方

気になる話題と情報

冷え性やダイエットに効果がある生姜の食べ方
  • 9割の人がまだ知らない150%利益の〇〇とは

身体を温める食材と言えば生姜ですが
生姜の効果・効能は有名で、
中国では紀元前500年頃には薬用に利用されていました
現代においても
医療用の漢方薬や健康食品に広く使われていて
生姜紅茶
酢生姜ブームです

生姜の効果・効能の中心は
ショウガオール
血行を良くして体温を高めて体を温めてくれる成分
脂肪や糖の代謝を促進してくれるのでダイエットしたい方に適しています
血液サラサラ効果もあるので生活習慣病の予防にも役立ちます

ショウガオール
免疫力を高める成分
免疫細胞である
白血球を増やして免疫力を高めてくれます
免疫力が高まると、風やインフルエンザにもかかりにくくなります

生の生姜にはジンゲロールが多く含まれ
殺菌効果、解熱効果、咳止め効果、吐き気止め効果、健胃効果などがあります
末梢血管を拡張する作用と発汗作用があり
気温が体温よりも低い冬場に生のショウガを食べると
一時的に末梢血管が拡張し、一時的には身体が温まった感じをもたらしますが
その後次第に体熱が奪われ
結果的に身体を冷やしてしまうおそれがありますので注意しましょう

生姜効果のいろはを知る

ダイエット効果が期待される酢生姜
生姜の辛味成分には抹消の血管を開いて血流を良くする働きがあります
そしてお酢に含まれるクエン酸やアミノ酸にも
血液がドロドロになるのを防ぎ血流をよくする働きがあります

また、お酢には、血液中の中性脂肪を抑える働きがあります
老廃物を除去し血液をサラサラにしてくれるので、ダイエット効果が期待できます

身体が暖まるのは、食べたものが体の中でエネルギーに効率よく変換されているから
生姜とお酢のダブルで血行を良くして代謝を良くしてくれる
酢しょうがは、肥満の予防や血管の若返りに活躍する食材
上手に食べて健康維持に繋げましょう
目安としては、1日30gを摂取します
酢しょうが30gは、大さじ山盛り1杯分です

酢生姜作ったけど、どうやって食べる?

冷え症を改善するには
生姜を加熱する
そうするとジンゲロールの一部が
ショウガオールという熱をつくり出す働きをもつ成分に変化します
ショウガオールは、CGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)という物質を胃腸部分に産生させて
心臓からの血液の拍出量を増やすし
腹部の血行を高めるため身体を芯から温めます
また体脂肪を分解し、遊離脂肪酸という筋肉で消費されやすい形にします
そのため
ショウガオールを摂ってからウォーキングのような有酸素運動をすると
体脂肪を効果的に減らすことができます
さらにショウガオールは脳内の慢性炎症を抑えたり
神経伝達物質であるアセチルコリンの働きをよい状態に保ってくれるので
認知機能の低下を防いでくれます

冷え性改善ショウガオールを上手に摂取するには

1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

たった1回、5分の申請で”ほったらかし”で収入が入る〇〇とは・・・